オリジナルのディフューザーを作ろう

オリジナルのディフューザーを作ろう

オリジナルのディフューザーを作ろう 自分好みのスティックディフューザーを作ってみようということで、まず最初に瓶を用意しましょう。目安として容量は350mlより少なめ、口のサイズはストローを5本挿しても隙間ができるのが望ましいです、フラスコなどで代用されても面白いと思います。

中に入れるのはアロマの原液か好みの香水など、香りの強い物の方が適しています。購入してずっと使わないで置いてある香水などでも良いです。用意した原液を純度90%以上の無水エタノールやウォッカで割りフレグランスオイルの出来上がりです。この時、注意していただきたいのが瓶の8分目から9分目までにしておくとスティックを挿した時に溢れ出てこないのと香りの強弱の調整もしやすくなります。他にエタノールなどを入れ理由は、香水の持続性と揮発性の調整用ですので、ご自分の好みで割合を原液1に対して1から1対3ぐらいまでエタノールの量を変えてください。最後にオイルを入れた瓶にスティックを挿していただいたらオリジナルディフューザーの完成です。この時、隙間にラップやセロファンでを被せたり、スティックを口にいっぱいに挿しても良いです、スティックが多いほど香りが強くなり、そしてオイルの減りが速くなります。見た目にも気を付けたいのであれば、造花やカラーインクでデコレーションをされてもお洒落感が上がります。